MENU
HOME
ご意見・ご相談
FF関係者 労働相談
加入申込み
応援・連帯メッセージ
Q&A
ご紹介フォーム
 有給休暇申請書
情報BOX
ユニオン規約
組合結成趣意書
 
ウェブ アニメータ
そもそも労働組合の活動ってなんでしょう。

皆さんと共に歩む日本マクドナルドユニオン ユニオン活動経過

 

エリア、職位を越えた、お互いの助け合いによって、労働組合は運営され ます。又、企業は違っても、上部団体の元に、全国700万人の仲間がいます 。低金利ローンや、生活全般のメンバーシップサービスが受けられます。

皆さんと共に歩む日本マクドナルドユニオン ユニオン活動経過

 

人間が皆平等であるように、マネージメント(経営陣)とフィールド(現場)も対等な立場です。
対等な立場同士で、コミニュケーションを図り、会社を民主的に成長させていきます。
現場の意見を経営に。経営の意見を現場に。無理のない人間に優しい成長をしていきます。

皆さんと共に歩む日本マクドナルドユニオン ユニオン活動経過

 

日本でビジネスを行う為には、日本の法令を遵守しなければなりません。
働く上での最低限のワークルール「労働基準法」を守り、パート、アルバイト、社員の皆さんの健康を守り、ブランドイメージを更に向上させます。
 具体的に何をしているのでしょうか。
現場で苦しんでいる方をお助けする事です。皆でお金と知恵を出し合って、法令を守り、働く人全てに与えられた権利をお知らせしたり、安全な職場を作る 為に安全点検を行ったり、残業を減らす為にどう努力するか、を組合員の皆さんと一緒に考え、マネージメント(経営陣)に伝えています。
誰が話し合い、誰が相談に乗るのか。
話し合いは会社のマネージメント(経営陣)担当の方々と、執行委員(現場)の間で行われます。
組合員の皆様への相談受付や、解決支援の為のメンバーシップサービスは執行委員が行います。
皆さんと共に歩む日本マクドナルドユニオン ユニオン活動経過
  1. クルーの皆さんの有給休暇の取得がしやすい環境になりました。EBISを見れば店長がすぐに皆さんの有給残存日数や、残存金額がわかるようになりました。

  2. あるエリアでは、パート、アルバイトの皆さんが、力をあわせてサービス残業に対して、NO!と言いました。以後今までボランティアだったと思っていた業務が仕事であると目覚め、今ではきちんと賃金が払われています。

  3. あるエリアでは、店舗、職位の壁を越えたコミニュケーションが取られており、店舗の発展の為の、アイディアが共有されています。組合員同士がオペレーション向上の為のアイディアを出し合ったり、さながら「垣根を越えたタウンミーティング」が毎月行われています。
  1. EBISに皆さんの有給休暇の残数と金額が出るようになりましたが、一般社会のワークルールでは、ご本人が即座にわかることです。
    給与明細に残存日数が出たら!店長の手も煩わせないと思いませんか。皆さんにとって、一番良い方法を会社と一緒に決めていきます。

  2. 時給がつくタイミングって?
    インフォメーションを読むところから始まります。皆さんの現状って、インフォメーションを読んでから、時給が付くんじゃありませんか?お店に国の労働基準を当てはめようと、会社と話し合っています。全国で展開するにはクルー、SWの皆さんにも理解をして頂く事が大切です。

  3. 我々は、お客様の口に入る商品を販売しています。お客様の安全と安全を提供する我々が、国の基準を守り、且つ、安心して働ける環境を追求しています。

  4. マクドナルドは世界的なリーディングカンパニーです。そこで働く私たちも「働くもののリーディングカンパニー」を作りマクドナルドブランドをより輝かせます。
皆さんと共に歩む日本マクドナルドユニオン ユニオン活動経過
皆さんと共に歩む日本マクドナルドユニオン ユニオン活動経過 皆様がご加入される事によって、皆さんのご意見が権利を持ち、生きた意見になって行きます。
皆様の意見を集約させていただいて、マネージメント(経営)と現場がコミニュケーションを図り、健全な企業文化の醸成を図っていきます。
殆どの企業に ある労働組合はそうやって、運営され、会社を成長させて行くのです。
創業以来36年間、労働組合の無かったカルチャーですから、難しく聞こえるかも知れませんが、一生懸命働いておられる皆様の、権利を持ったご意見を下さい。
そして、我々にお伝え下さい。
皆さんと共に歩む日本マクドナルドユニオン ユニオン活動経過
「愚痴を言っても始まらない。皆で意見を集約してより良い会社にして行きましょう!!」
 
皆さんと共に歩む日本マクドナルドユニオン ユニオン活動経過

Copylight (c) 2006 Japan McDonald's Workers' Union. All rights reserved.
 

newpage2.htmlへのリンク